トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月31日

教育学部 科目を変えて成功!

<一般前期 教育学部 学校教員養成課程教科教育コース> 
Kさん 19歳 女性 
新潟県 現役合格

Q1 試験の内容と対策
 私は一般入試の前期で新潟大学に合格しました。センター試験では、国語(現代文・古文・漢文)数学(�A・�B)英語(リスニング含む)化学 物理 政治経済を受験しました。二次試験では、数学(�Bまで)と化学の筆記試験を受けました。
 二次試験は、理科1科目が選択できました。私は高校でニ年間物理を学び、センター試験対策でも物理に力を入れてきましたが、センターの結果を受け限界を悟り、化学を選択しました。化学は高校1年次より学習していましたが特に得意なわけではなく、さらに3年生のときは1年間化学の勉強から離れていました。なので、このタイミングで化学に切り替えたのは自分でも予想していなかった展開です。しかし化学を選択したことで、センター終了後は新しい気持ちで化学の学習に取り組めました。二次試験対策は学校の授業で使用した参考書や問題集を、ひたすら解きました。二次試験対策のために新たに購入した教材はありません。ほとんど毎日学校に通い、教室や図書館で勉強していました。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
私の学校は一丸となって大学受験対策に取り組んでいたので、私は流れに従うまででした。学校の先生は受験のプロであり、人によっては良き相談相手だと思うので、仲の良い先生に頼るのが一つの手だと思います。
 あとは自分でひとつ問題集を決めて、1回それを全て解ききる体験をしてみてください。自信や達成感が生まれます。きっと学力もつきます。私は、化学の問題集2冊と英語の長文集をやりました。英語の方はお気に入りで、大学に入ってからもたまに読んでいます。
 スケジュールや生活習慣についてですが、受験勉強を始めるとテレビを見なくなります。少し時代の流れや流行りから遠ざかります。しかし、寝る前にお笑いの動画とか見始めます。これは1日勉強を頑張ったご褒美です。そして明日への活力です。このように自分なりのメリハリを見つけてください。

Q3 おすすめの参考書・問題集
 化学の二次試験対策に「エクセル化学」という問題集を使いました。これは学校指定で購入したものです。開設も基礎問題もしっかりあるし、総合問題といって難関大学の過去問なども入っているので自分の学力に合わせた学習が出来ると思います。
 基本的に学校指定の問題集や参考書を使っていればいいと思います。新しく購入していくと、お金もかかりますし。学校指定の問題集が物足りなければ、その上のレベルの問題集を探してください。私は物足りなくなかったので買い足しませんでした。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
 模擬試験は定期的に学校で実施していました。代ゼミ・駿台・河合塾の三社を受験しました。その三社を比較したら、代ゼミが一番やりやすく判定も甘めだと思います。だから私は代ゼミの模擬試験が一番好きでした。その他に希望者模試などありましたが、絶対に受けなきゃいけないものだけ受験しました。
 塾とは少し違うかもしれませんが、小学校1年生から大学進学するまで「公文式」に通っていました。小学校から中学校までの基礎学力は公文式で学びました。自分の得意がグイーンと伸ばせます。苦手も無くすように、先生が丁寧に指導してくれます。悩んだときは、先生が親身に相談に乗ってくれます。学習面だけでなく、進路の悩みも聞いてくれます。そんな先生のおかげで、同じ公文の教室に通っていた仲良し3人組は揃って現在新潟大学に通っています。「みんな一緒に」という事がとても幸せです。小さい頃から始めることが出来るなら「公文式」とてもおすすめです。

Q5 苦手科目とその克服法
私の苦手科目は英語と古文・漢文と物理と数学�Cです。古文・漢文、物理、数学�Cは未だ克服できず仕舞いです。受験では、出来るだけその科目を使わないように避けて通りました。自分一人で出来ることは、ひたすら問題を解くことです。私はそうしました。
 英語は、先輩に英語がすごく得意な方がいたので、その方と仲良くなって夏休み前から受験まで完全サポートしてもらいました。苦手科目は、それだけで自分から勉強する気になれなかったので、「○日までに単語集の○番まで覚えてきて」など課題を出してもらい、確認テストなども作ってもらい勉強しました。模試のあとには、問題を持ち寄り解けなかった問題の解説をしてもらいました。おかげで、今では英語が好きです。語学が好きです。

Q6 センター試験対策
 受験期に突入すると学校の授業で、センターパックを解いて次の時間で解説しての繰り返しをしました。そうやってセンター本番の試験の形に慣れていきました。特に英語では、前半の語彙・文法と後半の長文問題の時間配分を調整しました。受験時間中、集中をし続ける練習にもなります。
 あとは、とにかくひたすら問題を解くことです。

Q7 試験の感想
 センター試験も二次試験も、話で聞いていたより緊張しませんでした。模擬試験の方が、「いい判定を出さなきゃ」「偏差値を上げなきゃ」と緊張していた記憶があります。本番は、辛かった受験勉強がこれで一区切りつくと思うと嬉しい気持ちでした。センターの会場では一人や二人知り合いがいましたし、人間観察も楽しいものです。二次試験ではさすがに知り合いはいないだろうと思っていましたが、目の前の席がと横の席の子が同じ高校の子でした。試験の間の休み時間に喋ったりして、楽しかったです。

Q8 受験生へのメッセージ
 受験勉強は先生から言われても、経験者の話を聞いても、親から勉強しろと言われても、自分でやろうと思わなきゃ出来ないと思います。裏を返せば、自分でやる気になったらこっちのものです。目標を決めて、それに向かって努力することは楽しいことです。自分でやった分だけ進めるし。だから、私の体験記読んで 「ようし、受験勉強始めるぞ」なんて思い始める人なんてそうそういないと思います。もっと別のきっかけが受験生にエンジンかけると思います。自分で決めた志望校とか…。だから、まだエンジンかかってない人は早くきっかけ見つかるといいね。もうエンジンかかって燃えている人は、燃え尽きないように頑張ってね。
スポンサーサイト
2010年08月31日

法学部 センター英語4割→8割!

<一般前期 法学部 法学科>
Oさん 19歳 男
栃木県 現役合格

Q1 試験の内容と対策
前期で合格しました。試験科目はセンター試験は英国数+社会2科目理科1科目です。新潟大学は社会の配点が高いので、センターでは社会が勝負どころになりました。
2次試験は英語と小論文です。英語はそんなに難しくはないので、センター試験の延長となるような勉強で6,7割は取れるはずです。小論文はテーマが年ごとに変わりますがメインはやはり法律関係なので赤本で過去問を見て、学校の先生や塾の先生に採点してもらうことをお勧めします。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
受験勉強期間は勉強をすることも大事だと思いますが、適度に息を抜くことも重要です。というのも、人間同じことばかりしていると、あんがい退屈ではかどらなくなるものです。そのため息抜きをしましょう。あと、風邪に注意する事も重要です。風邪をひいて試験が受けられなかったら今までの努力がパーです。体調管理はしっかりしましょう。

Q3 おすすめの参考書・問題集
自分は英語が苦手だったので英語の参考書を多く買いました。そのなかでもお勧めなのは、桐原書店の英文法1000(タイトル間違ってるかもしれません)です。これは、文法を覚えるだけでなくさまざまな文章を読むことで読解力と単語力をつけられるというすぐれものです。あとは数学の参考書でフォーカスゴールドが受験向きです。難易度も様々でセンターから2次まで幅広く使えるお勧めの1冊です。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
予備校や塾には通っていないのであまりコメントできないのですが、駿台とベネッセの実施している模擬テストは、全国での自分の位置を知るのにはもってこいだったと思います。

Q5 苦手科目とその克服法
英語が苦手でした。3年の初めは200点満点のテストで平均80点くらいでした。克服法としては、まず基礎的な単語を覚えることです。英単語は無限にあるといってもよいので、基礎的な単語を確実に覚えることが重要となってきます。次に重要なのは多くの文章を読むことです。1度に多くを読むよりも1日1つを毎日やるほうが力が付きます。あとは速読の技術をマスターするためにリスニングや速読を多くやれば次第に能力は上がっていきます。そうした結果三年の最後には英語は8割が平均になっていました。

Q6 センター試験対策
センター試験のお勧めの勉強方法はとにかく数をこなすことです。センターは時間勝負なので、素早い回答が重要になってきます。また傾向は数年ごとに変わるので、Z会などの市販の予想問題で様々な傾向に慣れていくのも重要です。センターに必要なのは素早い回答力と柔軟な適応力なのでそれらを身につけるためには数をこなすのが最も有効な方法だと思います。

Q7 試験の感想
やはり周りのぴりぴりした空気に飲まれがちで、十分に力を発揮できませんでした。また大学のある新潟県に来たのも初めてで、わずかな気候の違いでも、精神的にかなりこたえます。こればかりはどうしようもないことなのかも知れませんが、もはや気を強く持てと言うしかありません。

Q8 受験生へのメッセージ
新潟大学で待ってるよ
2010年08月24日

工学部 最善の策は早寝早起き

<一般前期 工学部 化学システム工学科> 
Hさん 18歳 男性
山形県出身 現役合格

Q1 試験の内容と対策
私が合格したのは、前期です。前期はセンター試験を利用しセンターリサーチでの学科内順位は8番で受験しました。2次試験では、科目は化学・英語・数学で臨みました。2次試験対策は特に無く、ただ赤本の過去問をすべて3回くらい繰り返して受験に臨みました。しかし新潟大学受験対策ではなくもうワンランク上の大学の受験対策をしました。旧帝大の赤本を買い、難しい問題に対して抵抗力をつけました。問題の傾向だけしっかり対策をしました。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
受験勉強では得意な科目ばかりやりがちですが、やはり苦手な科目に重点をおいてやるべきです。苦手な科目と得意な科目の勉強の比率についてしっかり予定をたてるのが良いと思います。また授業では、予習重視より復習重視が良いです。生活リズムはしっかり整えておくことが大切です。夜更かしなどはなるべくせず、できれば正しい生活習慣で生活することが望まれます。授業で、しっかり話を聞いて理解し、家に帰って見直して早めに寝るというのが最善の策だと思います。

Q3 おすすめの参考書・問題集
数学は基礎から応用まで網羅することができるチャート式がおすすめです。旧帝大の2次試験にも通用できるようになるためには、青チャートを完璧にできるようになればよいと思います。英語はNEXTSTAGEを活用し速読英単語を使って速読できるようになれば良いと思います。化学は重要問題集の問題をある程度解けるようになれば、ほかの問題集はいらないです。物理も化学と同様に重要問題集の問題を解けるようになれば十分といえると思います。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
予備校などにはいっていませんでした。

Q5 苦手科目とその克服法
私は英語がとても苦手でした。そこで、速読英単語を毎日暇な時間に何度も読み返したことで速読力が上がりセンター試験に強い味方になりました。またリスニング力をきたえるために夜寝るときはオーディオにリスニングの教材のCDをいれ英語を耳になれさせました、。

Q6 センター試験対策
過去問をたくさんやってまずセンター形式に慣れることが第一だと思います。国語などは自分にあった問題のとく順番を確立するとよいです。数学はひたすら早く計算できるように、センター独特の問題の解答に慣れることが大切です。理系は社会にさく時間を理科にあてるべきです。社会はいくらよくても社会を重視する大学は少ないので、あまり意味がありません。全体的にいって、センター試験は過去問・予想問題をいっぱいやって慣れることと、時間配分をしっかりやることが大切です。

Q7 試験の感想
自分の年のセンター試験は理系が難しくなった年で、1教科が終わる度「こうすればよかった」など後悔をしてしまい、切り替えがうまくできなくて結果にも大きく影響がでてしまったので、切り替えをしっかりやればよかったと思いました。その反省をいかして2次試験は切り替えをうまくできたので成功しました。試験は緊張してしまうのですがそこは深呼吸をして落ち着いてみてください。あと終わったことは後悔しないで次にむけて切り替えをしっかりすることが大切です。

Q8 受験生へのメッセージ
あきらめず頑張ってください。
2010年08月24日

人文学部 応用から基礎に戻る練習

<一般前期 人文学部 人文学科>
Kさん 19歳 女
岩手県 現役合格

Q1 試験の内容と対策
 新潟大学人文学部に、私は前期入試で合格しました。2次試験の試験科目は、国語・英語・数学(or社会との選択科目)の記述式です。センター試験後から新潟大学の赤本に取り組み、高校の先生に添削をお願いするというのが私の2次試験対策でしたが、余力のある方や早くから新潟大学を志望している方は、もっと早くからの過去問対策をすることをお勧めします。ほかの大学の過去問と比較すると、新潟大学の記述量は多いほうだと思います。解答用紙を埋める作業に慣れるに越したことはありません。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
 受験勉強は、かなり長いスパンでの取り組みになります。もちろん、計画的に勉強することが理想ですが、無理に詰め込んで計画倒れにしてはすべてが水の泡になります。最も大事なのは、自分の能力に見合ったペースを見つけることだと思います。また、効率よく勉強するためにも、しっかりとした睡眠をとることをおすすめします。十分な睡眠は、頭のなかを整理し、記憶しやすくするはたらきがあります。健康的な生活を送ることも、受験生には大切なことだと思います。

Q3 おすすめの参考書・問題集
 私がお勧めしたいのは、なんといっても赤本(過去問題集)なのですが、なによりもまずは基礎力を養わなければなりません。これは、各高校で使用している参考書や問題集などを徹底的に繰り返すことで十分価値ある基礎力を培ってくれると思います。自分で基礎力が足りないと思う場合、自分で内容を理解できる参考書をノートに作ってみてください。試験前に、ちょっと確認したいという時にも役立つはずです。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
 私は、塾や通信教育などを利用しておりませんでした。高校でおこなった模擬試験は、ベネッセの進研模試、河合塾の全統模試がほとんどです。高校1年生の時から、学校で定期的に受験しました。実際の試験の雰囲気に慣れることができる、間違いや苦手を再確認できるという半面、解き直しをしてわかったつもりになるという落とし穴に気をつけなければなりません。しかし、数値として結果が表れるので、現状を知る上で役に立ったと思います。

Q5 苦手科目とその克服法
 私の苦手科目は、英語と数学です。どちらも重点を置かけなければならない科目です。英語は、単語や文法事項の暗記を徹底しながら、長文読解や和訳、英訳に対応できるように先生に添削をお願いしました。また、数学は、教科書の章末問題を解いてわからないところだけを中心に応用から基礎に戻る練習を繰り返しました。

Q6 センター試験対策
 センター試験は、時間との勝負です。簡単な問題もあれば、難しい問題もあります。解けるものを優先的に解くように心がけて、確実に点数を取る練習をして下さい。時間内に最後の問題まで絶対にたどり着き、マークしましょう。時には、運もあなたの実力です。また、時間内に解けなかった問題は、理解できるように復習が必要です。よくチェックして下さい。

Q7 試験の感想
 いくら勉強しても、決して損になることはなかったと思います。他の人と同じ努力では、絶対にその他大勢からは抜け出せません。また、何が自分に欠けていたかを考えることも大事だったと思います。モチベーションや集中力を上げるために、十分な睡眠や休憩の時間をとり、好きなことをしてストレスをためないことなどのメリハリをつける工夫が結果を引き出したと思います。

Q8 受験生へのメッセージ
 全国の受験生が、みんな同じことをやっているのなら、せめてあなただけでも1日にプラス10分勉強しましょう。逆に、あなただけ取り残されているのなら、がむしゃらにできることをやるのみです。時間はすべての受験生に平等です。その時間をどうやって何に割くかはあなた次第。時間は、最後の1秒まであなたの味方です。そして、体調管理も忘れずに。健闘を祈ります。
2010年08月17日

経済学部 普段の学習から二次試験を意識した勉強

<一般前期 経済学部 経済学科>
Iさん 18歳 男
福島県 現役合格

Q1 試験の内容と対策
新潟大学には前期で合格しました。センター試験では国語、数学、英語、公民、世界史、化学を受験しました。二次試験は国語、数学、英語を受験しました。二次試験対策は過去問を三年間分は解きました。過去問は納得するまで先生に質問しました。過去問が解き終わったら、似たような内容を出す大学の過去問を解いていました。英語の英作文は英語の先生に添削をお願いしていました。数学は二次試験用の参考書を解くこともありました。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
私は学校の授業が終わったら毎日図書室に行って勉強していました。図書室は夏も冬も快適な温度で勉強でき、かなり集中できるのでおすすめです。受験勉強は眠たいのを我慢して深夜まで勉強する、というイメージがありますが、私は毎日十二時前には寝ていました。その代わり少し朝早く起きて、昨日勉強した内容が定着しているかチェックするようにしていました。この方法によって記憶が抜け落ちることが少なかったと思います。

Q3 おすすめの参考書・問題集
数学では黄チャートを一年の頃から使い続けていました。難易度は難しくない問題が多いのですが、最後の総合問題では難しい問題も含まれています。例題では問題文の下に解答例が書かれているため、試験前などの少しの時間でも解法の確認ができます。英語では自分で作った単語ノートが使いやすかったです。自分で書いたものであるため、どの単語がどのあたりにあるのかが分かり、確認がスムーズにできて使いやすかったです。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
私は高校一年の頃から「ステップアップ」という小さな塾に通っていました。部活との両立は大変でしたが、高校一年の頃から勉強する習慣がつくため、割とスムーズに受験勉強に移行できたと思います。また、学校とは違う人達と勉強するため、集中して勉強できました。塾の先生は学校では聞けない話や雑談もしてくれるため、受験勉強の不安についても相談できました。

Q5 苦手科目とその克服法
私は英語が苦手でした。一つ一つの単語の訳はできても文章の訳はできなかったり、文法事項を覚えられなかったりしていました。ただ、苦手で得点が伸びないからといって勉強をしないのは違うと思い、毎日長文を読むようにしていました。単語も何回も同じ単語を忘れましたが、忘れたらまた覚えるのを繰り返して一つずつ分からない単語を減らしていきました。文法も空いているすき間の時間に確認することによって覚えていきました。

Q6 センター試験対策
センター対策は過去問の勉強に尽きると思います。特に理科、地歴公民は過去問を徹底するべきです。なぜこの選択肢が正解なのか、を調べるだけでなく、なぜほかの選択肢は間違いなのか、も調べることが必要だと思います。そのような問題を間違えたのかをノートにまとめておくと便利です。実際に私はノートに間違えた内容をまとめておいて、センター試験の休み時間に見ていました。そうしたら実際の試験に、ノートに書いてあった内容がでてきました。

Q7 試験の感想
普段の学習から二次試験を意識した勉強や記述法を行っていた方が良かったと感じています。私が本格的に二次試験対策を行ったのはセンター試験後だったのですが、あまり時間がなく、慣れない状態で試験に臨むようになってしまいました。特に数学は白紙の紙が渡されるため、順序よく解答を書いていけるようになっていた方が良かったと思います。試験会場へは早めに入っていた方が気持ちに余裕が持てたと思います。

Q8 受験生へのメッセージ
受験はつらいものだと思います。ただ、このつらい経験は絶対将来に繋がると思います。友達と支えあって受験を乗り切ってください。

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。