トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月25日

一般前期 経済学部 経営学科

<一般前期 経済学部 経済学科>
Oさん 18歳 男性 新潟県 現役

Q1 試験の内容と対策
 僕は前期試験で合格しました。センター試験は国語、英語、数学�A�B、日本史B、政治経済、地学で受験しました。二次試験の科目は国語、英語、数学でした。二次試験対策は過去問を解くことです。過去問はその大学の問題の特徴、傾向がわかるため、何度もやっておいて損はないはずです。また、これは全ての教科に対して言えますが、わからないことは誰かに聞くことが大切です。僕の場合、身近に数学が得意な友達がいたので、わからないことはたとえ小さなことでも質問しました。その際、すぐに聞くのではなく、自分でじっくり考えてから聞くことも大切なことです。やっぱり友達の存在は大きいです。協力し合いながら頑張りましょう!

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
 自分はできなかったのですが、朝方の生活にする方がいいと思います。夜に勉強していると「なんだ、あと○時間もあるじゃん。」と考えてしまい、結局ダラダラとしてしまいがちになります。その点朝は時間が限られているため、集中して勉強できると思います。朝は少し寒いですが、少し耐えれば眠気はすぐに覚めると思います。計画をしっかり立てて、その日にできることを精一杯やりましょう。疲れてしまったら、たまには息抜きも必要だ、と割り切ることもあってもいいと思います。

Q3 おすすめの参考書・問題集
 おすすめの参考書等は特にありません。何か参考書を一冊持っていたら、それをやり込むべきです。センター試験の問題は教科書の範囲内から出題される、と言われるように、一番大切なのは教科書の内容に沿って進む授業をおろそかにしないことではないかと思います。眠気に打ち勝って授業に積極的に臨むことが、合格への近道です。授業を大切にしてください!

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
 塾や通信教育等は全く利用しませんでした。学校の授業が終わったら、そのまま学校の自習室に残って、学校が閉まる時間まで勉強していました。自習室では、同じ目標に向かう友達とともに良い雰囲気で勉強することができました。やっぱり友達の存在は大きいです。また、僕は電車通学だったので、電車に乗っている間は英単語等を覚えたりして、時間を有効的に使うことを心掛けました。あとはよく言われるように、模試は終わったら復習することが必須です。

Q5 苦手科目とその克服法
 僕の苦手科目は日本史でした。日本史は模試で30点台は当たり前で、これはまずいなと思い始め、まずは教科書を最初から読み始めました。そうすると、最初の方の内容は案外覚えておらず、教科書を何回も繰り返して読んで覚え直しました。やっぱり教科書は大事です。あとは模試、過去問、予想問題で実践練習→復習の繰り返しです。復習をしなければ意味がありません。なかなか根気のいる勉強ですが、粘り強く頑張りましょう!

Q6 センター試験対策
 センター試験対策は、やっぱり過去問、予想問題等で実践練習をすることです。センター試験、特に国語、英語、数学は時間の使い方が大きな勝負のポイントになります。時間の使い方の能力は実践練習をしないと養えません。だから、そこはしっかりした方がいいと思います。時間が足りなかったから適当にマークした、というのはとてももったいないです。今までの勉強の積み重ねを十分に発揮できるように、日頃から意識しましょう!

Q7 試験の感想
 まず、センター試験・二次試験共にとても緊張しました。センター試験では、自分は運よく後ろの席が同じ高校の友人だったので、間の時間にはその友人と話したり一緒に最後の確認をしたりお菓子を食べたりして、できるだけリラックスするようにしました。二次試験では、本番中に焦ってしまい、くだらないミスをしてしまいました。やっぱり焦りは何も生みません。落ち着いて、いかに普段通りの心境を保てるかが大切です。もっと試験を楽しむくらいの余裕ができれば良かったなと思いました。

Q8 受験生へのメッセージ
 合格発表で自分の受験番号を見つけた時はとても気持ち良いです。健康第一に考え、体に気を付けて頑張ってください!

スポンサーサイト
2011年05月25日

一般後期 歯学部 歯学科

<一般後期 歯学部 歯学科>
Nさん 20歳 男性 神奈川県 浪人

Q1 試験の内容と対策
後期
内容:センター試験+面接
面接対策
1. 最近の医療ニュースや時事問題を読んで、自分なりの意見などを言えるようにする。
2. 志望動機、高校生活で特に印象に残ったことなどを答えられるようにする。
3. インターネットや塾で志望大学のことを調べ頭に入れておく。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
 予習よりも復習に力を入れてください。復習は何度も繰り返すことが大切で、寝る前にその日学んだことや重要公式などを思い出すようにすれば、かなり力がつきます。
毎日規則正しく生活するのは当然ですが、受験生だからといって運動しないのは良くないと思います。適度に運動することでストレス解消にもなり勉強にメリハリがつきます

Q3 おすすめの参考書・問題集
 予備校のテキストを利用していたので、特にお勧めしたい参考書・問題集はありません。
評判に流されず、自分にあった参考書・問題集を使い込んでください。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
代々木ゼミナール(浪人)
 メリット:講師の質が高い、設備がいい
 デメリット:遊ぶ人が多い
模擬試験(駿台・代ゼミ・河合)
 メリット・デメリットは特になし。できる限りたくさん受けるべきです。

Q5 苦手科目とその克服法
苦手科目:英語
克服法
1. 単語、文法をひたすら覚える。
2. 毎日英文を読む。
3. 音読する。

Q6 センター試験対策
 ひたすら過去門と問題集、マーク模試を受ける。間違えたところはメモしておき、繰り返し見て自分のものにしていく。
 センター当日はそのメモを持って行き、開始直前まで見る。

Q7 試験の感想
 筆記試験は予想以上に焦るので、焦ってきたら一度深呼吸をすることをお勧めします。特に、前の科目が駄目だった場合、気持ちを入れ替えないと次の科目にも影響が出ます。割り切って考えることが大切です。

Q8 受験生へのメッセージ
 受験勉強はつまらなくて苦痛だと思いますが、それを乗り越えると楽しい大学生活が待っています。勉強がきつくなったら、第一志望に受かった自分を想像してみてください。やる気が出てきて、勉強がはかどります。
今年1年頑張ってください。
2011年05月18日

一般前期 工学部 機械システム工学科

<一般前期 工学部 機械システム工学科>
Mさん 18歳 男性 福島県 現役

Q1 試験の内容と対策
 前記試験を受験しました。
 センター試験:数学(�A�B)、英語、国語(現古漢)、物理、化学、地理B
 二次試験:数学、英語、物理 赤本で対策しました。
      
Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
 英単語帳は一冊で十分。
 数学はチャートの例題レベルが完答できればOK
 物理も一冊の問題集で十分。
 センター試験でちゃんと点が取れるように練習するといいと思います。

Q3 おすすめの参考書・問題集
 数学:チャート(数研)➡帝大までカバーできると思います。これができれば十分。
 英語:速読英単語➡これ一冊でセンター試験はおろか、二次試験の単語もそこそこわかる。毎日ちょっとずつやるといいかも。
 物理:いろいろな大学の過去問➡多角的に問題にあたれるようになるからおすすめ。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
 Z会(通信口座)をやっていました。ちゃんと添削を出せるなら、デメリットはありません。
 良問揃いでやりごたえありますよ。

Q5 苦手科目とその克服法
 数学が苦手でしたが、結局克服はできませんでした。

Q6 センター試験対策
 過去問を5~6年分解く。これだけでよい。
 余計な参考書などを11月以降には絶対に買わない。

Q7 試験の感想
 物理が例年より難しかった。
 
Q8 受験生へのメッセージ
 センターリサーチが済んで、恐らくC判定で新大を受けるということはあまりないと思います。大部分の人がB判定以上だと思います。つまり二次試験で大きなミスを犯さなければ合格できるということなので、ちゃんと過去問を解いて、傾向さえつかめれば、特にこれといった問題はないように思います。よく“自分を信じて”と言う人がいますが、僕はあえて“自分を疑え”と言いたいです。あまり自分を過信するととんでもないところでミスをしたりするからです。
2011年05月18日

推薦入試 農学部 応用生物化学科

<推薦 農学部 応用生物化学科>

Sさん 18歳 女性 群馬県 現役

Q1.試験の形式と内容☆
 形式は小論文と面接でした。
 小論文は120分で2つの小論文を書きました。内容は化学構造式を用いた問題が800字と、「ゲノム解読」について自分の考えを1200~1600字で述べる問題でした。
 面接では志望理由から質問が展開し、長所・短所や将来の夢について詳しく聞かれました。

Q2.推薦入試の対策法☆
 小論文は過去の問題を解いて、先生に添削を頼んだり、毎日少しずつ読書をして知識を増やしたりしました。面接も先生に練習を頼んで、アドバイスしてもらいました。面接でこたえる内容も小論文の練習になるので、たくさん文章を書く練習もしていました。

Q3.推薦入試で戸惑ったこと☆
 昨年の小論文の問題はグラフが用いられていましたが、今年はグラフ問題が出題されず、化学の構造式が用いられるなど、今までの問題と違ったので戸惑いましたが、文章をよく読めば分かるような問題だったので、焦らず解くことができました。

Q4.推薦入試を受験した理由☆
 まず担任の先生に推薦入試の受験を勧められたのがきっかけで、推薦入試を受験しようと考えるようになりました。今までの実力を試すチャンスであると思い、3年の夏休みには受験を決意しました。

Q5.推薦入試のメリット・デメリット☆
メリットは高校での勉学の成果が生かせることです。また、志望校を受験する大きなチャンスだと思います。小論文の練習で知識が増えるのもメリットの1つです。
一方、デメリットは、人によって一般融資の勉強に影響が出たり、発表までの生活が落ち着かない人もいると思います。

Q6.一般入試の勉強との両立法☆
 推薦入試の対策は1ヶ月前から始めました。小論文のための読書や面接練習は学校でやっていたので、一般入試の勉強は家でやるようにしていました。

Q7.推薦入試の受験を考えている人へ☆
 推薦入試は志望校に合格するための大きなチャンスです。入試ではたくさん知識を持っているだけではなく、自分の考えを明確にした上で文章に表現したり、言葉で表現したりするといいと思います。合格に向けて一生懸命頑張ってください。

2011年05月18日

推薦入試 教育学部 芸術環境創造課程 書表現コース

<推薦 教育学部 芸術環境創造課程 書表現コース>

Hさん 18歳 女性 新潟県 現役

Q1.試験の形式と内容☆
 午前中に書道の実技試験があり、午後から面接がありました。

実技試験は90分間で3つの課題に取り組みます。3つとも紙の大きさは半切です。
1問目は楷書の臨書、2問目は仮名の臨書です。
3問目は創作で、漢字4文字、感じ半切2行、仮名の3つの中から一つ選びます。

面接の質問内容は、志望理由、好きな書家・古典の作品、高校時代で思い出に残っていること、実技試験の出来についてです。

Q2.推薦入試の対策法☆
 実技は書道の先生から指導を受けました。試験本番にならないと課題がわからないので、どんなものが出ても書けるように練習しました。教科書や資料集に出てくるような有名な作品の用筆は確実にマスターしました。色々な書体に触れ、自分のものにすることで、「苦手」をなくしていきました。本番は全て半切なので、判詞である程度つかめたら、あとは半切におさめることに重点をおきました。私は面接の練習よりも実技のほうに力を入れたので、面接練習は数回しかしませんでした。例年の質問内容をもとに、自分の思いを整理し、特に志望理由に1番力を入れました。

Q3.推薦入試で戸惑ったこと☆
 実技試験での1人1人のスペースがあまり広くとれなかったので、書いた作品はどんどん重ねていかなければなりませんでした。その際に、墨が乾いていないと紙で拭き取らないといけませんでした。私は拭き取り用紙を用意しましたが、そのような時に使う紙も全て試験のために配られる15枚の半切の中でまかなわなければいけないので、自分で用意する必要はありませんでした。

Q4.推薦入試を受験した理由☆
新潟大学に進学したいという気持ちがとても強かったので、推薦入試・一般入試どちらであっても受験しようと思っていました。推薦入試は新潟大学に進める最初のチャンスだったので、自分の力、気持ちをぶつけたいと思い、受験しました。

Q5.推薦入試のメリット・デメリット☆
 推薦入試は合格すると進学が早く決まるので、気持ちがとても楽になります。しかし、どうしても緊張感が緩んでしまいます。勉強にしても書道にしても、一般入試を受ける人と同じような気持ちでいることは難しいです。
書道の面では気持ちが楽なので、合格後はのびのびと書道が出来、時間もあるので大学の展覧会も見に行けます。良い刺激にもなりますし、先輩から色々話を聞けるのも大きいと思います。

Q6.一般入試の勉強との両立法☆
一般入試の対策の補習が放課後にあったので、それがある日は家ではほとんど書道の練習をしていました。そのため、朝に勉強する時間を取りました。補習が無い日は学校で放課後に先生の指導を受けて書道をしました。家に帰ってからは勉強が中心です。試験前の一ヶ月は特に書道の方に力を入れました。書道は毎日筆を持つことが大切だと思います。書道を頑張ると、勉強も頑張れます。どちらにも手を抜かないことで、それが自然に両立につながると思います。

Q7.推薦入試の受験を考えている人へ☆
 合格したいという強い気持ちが一番大事だと思います。不安もあると思いますが、それなら不安がなくなるまで練習すれば大丈夫です。自分のしてきたことに自信を持って堂々と立ち向かえばきっと良い結果がついてくると思います。不安なのはみんな一緒です。後悔だけはしないように、全力で頑張れ!!

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。