トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月26日

経済学部 英語を勉強するなら単語から

<一般後期 経済学部 経済学科>
Yさん 19歳 男
長野県 現役合格

Q1 試験の内容と対策
自分は新潟大学に後期試験で合格して入学しました。経済学部の後期試験は総合問題であり、国語2問、数学2問の計4問でした。国語の問題は小論文と同じような問題で、数学はうまく言葉にできないのですが計算力を問うような文章問題でした。自分が行った勉強方法はまず赤本で問題の傾向をつかみ、国語は小論文に近かったので小論文の問題集で勉強して、数学は赤本を見ても毎年形式が変わっていてどのように勉強したらいいか分からなかったので基礎を1からやり直して試験に臨みました。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
自分は夜にあまり強くなかったので夜遅くまで勉強していると途中で眠ってしまうことが何度もありました。そのようになってしまうとたいして勉強が進まないうえに熟睡しているわけではないので次の日はたいてい眠くて時間を無駄にしたと思いました。自分は朝には強かったので夜遅くまで勉強するのをやめて朝早く起きて勉強するようにしたら効率よく勉強できるようになりました。夜に弱い人は遅くまで勉強するのをやめて早起きして勉強したほうがいいと思います。

Q3 おすすめの参考書・問題集
英語でおすすめしたい参考書はNext Stage(ネクステージ)という参考書です。この参考書は文法、語法、イディオム、会話表現、単語、語彙、アクセント、発音に分けて過去に入試で出た問題とあわせて解説してありとても分かりやすいです。問題を解いてみて答えと解説を確認することも、解説の部分だけ見てそれぞれのポイントを勉強するといったこともできるので自分の好きな方法で学習でき、使い勝手もよいのでこの参考書はおすすめです。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
自分は高校1年のときから河合塾と駿台の模擬試験を利用していました。1年のときから3年になるまでの自分の成績の推移が分かり、自分が苦手な単元を指摘してくれるので勉強するうえでの指針になりました。ただ、この2つの模擬試験の大学の合格判定の基準に違いがあったので自分の正確な合格判定が分かりづらかったです。それでも少し問題の形式も違いますしいろいろな問題を解いておきたいなら1つの模擬試験だけではなくて複数の模擬試験を受けてみたほうがいいと思います。

Q5 苦手科目とその克服法
自分は英語が苦手でいろいろな文章を読んでも点数が伸びなかったので、ひたすら単語を勉強しました。最初はただ単語帳を読んでいただけなのですがそれだとなかなか覚えられないので、単語を書いて勉強をするようにしたらよく覚えられるようになりました。そしてある程度単語を覚えてから文章を読むようになったら以前よりも読めるようになりました。文法が分からなくても単語が分かればそれを繋げることで文章を読むことができるので、英語を勉強するなら最初に単語を多く覚えて、それから文法などを勉強すればいいと思います。

Q6 センター試験対策
センター試験は基本的には教科書から出題されるのでまずは教科書の内容をしっかり覚えましょう。試験は選択式なので選択肢の中に教科書に載ってない単語がでたらそれは違う可能性が高いです。暗記科目は年号だけでなくその他(例えば将軍の順番など)のことも語呂合わせで覚えると楽です。ただ暗記するだけでは忘れやすいですが語呂ならたとえ単語を忘れてしまっても最初の文字は分かるので、その文字がある選択肢を選ぶことができます。

Q7 試験の感想
自分が試験を受けた年は英語の後半のところ(前半も少しだけ変わっていましたが)の形式が変わっていまして、確認せずに問題を解いていってそこまでいって初めて気付いてあせってしまい、かなり間違えてしまいました。最初に問題を確認しておけばあせることもなかったでしょうし、時間配分もできたのでもっと高い点がとれたと思います。試験は一発勝負なので緊張してしまって普段ならできる問題が解けなかったのがくやしいですが、人生のいい教訓になったと思います。

Q8 受験生へのメッセージ
受験に向けて勉強することはつらいですが時間はあっという間に過ぎてしまいます。受験が終わって、あるいは受験直前になって、どうしてあの時勉強しておかなかったのだろうと思わないように(と言っても程度の差はあれで誰もがそう思ってしまうと思いますが)しっかり勉強してください。
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。