トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月23日

法学部 とにかく問題演習!

<一般前期 法学部 法学科>
Hさん 19歳 男性
宮城県 

Q1 試験の内容と対策
 私は前期試験にて合格しました。試験内容はセンター試験が英語・国語(現古漢)・数学ⅠA・数学ⅡB・政治経済・地理B・地学Ⅰで受験し、二次試験は小論文と英語でした。まず新潟大学の英語の試験は和訳と内容説明が主として出ます。私が行った二次試験対策は長文の精読の訓練と、時間の割に問題が時間を要するものばかりなので英文の速読の訓練を徹底的に行いました。小論文に関しては、新潟大学の小論文は問題の形式が特殊なものなのでやれる限りの過去問をやりました。ただやるだけでは練習にならないので、私は予備校の先生に個人的に添削してもらっていました。ひたすら過去問をやれば小論文はコツがつかめてくると思います。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
 特に伝えたい勉強方法は、全ての教科に通ずることですが「とにかく問題を解くこと」だと思います。英語の勉強において単語帳の単語をひたすらノートに書き写す人がいますが、長文をやっている時にでてきたわからない単語を覚えていけば単語帳など必要ないのです。さらに長文の内容にからめて覚えることができるので、単語帳で覚えるより何倍も覚えやすいです。数学も公式を暗記したところで、様々な形式の問題を解かなければ応用力がつかずにただ覚えているだけの状態にとどまってしまうのです。
受験期間中の生活習慣は、私は早寝早起きさえすれば特に問題ないと思います。無理に睡眠時間を削ると頭に勉強の内容が入ってこないので逆効果です。

Q3 おすすめの参考書・問題集
 英語は「英語長文30選」をお勧めします。長文の解説なども簡単にしてあり、非常に使いやすいです。あと、英語チャートの文法書を持っておくとわからないとこが出てきたときは調べれば大抵でてくるので便利だと思います。その他の教科はセンターの過去問等でひたすら問題を解くのがいいと思います。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
 私は浪人すると同時に河合塾に通い始めました。予備校に通うことのメリットは「受験のプロにいつでも好きな時に教えてもらうことができる」に尽きると思います。やはり学校の先生の教えられることには限界があり、情報網も学校の先生に比べて予備校の先生はすごいです。大学の採点基準なども細かく分析しているので自分の志望に沿った対策をしてくれます。
デメリットは授業がかなり濃いものなので、それだけ自分が「勉強した」という気持ちになってしまいやすくなります。この気持ちは勘違いなので、授業が終わっても気を抜かずに自習すれば目標の大学に近づくことができるでしょう。

Q5 苦手科目とその克服法
 私の苦手科目は数学でした。現役時代は模試で数学ⅠAⅡB合わせて80点ほどしかとれませんでした。しかし、浪人して基本的な高校1年生レベルからの問題をひたすら解きなおして最終的には9割近くとれるほどに点数をあげました。数学の苦手な人はひたすら問題を解くべきだと思います。問題を解くことによって幾通りもある解法をすべて頭に叩き込めば、全ての問題が「一度解いたことのある問題」に変わります。

Q6 センター試験対策
 センターは全て問題に癖があるのでひたすら過去問を解いてください。過去問を解いていればそのうちセンターの問題形式がわかってきてスラスラ解けるようになります。何十年分も解いてればわかってくると思いますが、センターは毎年同じような問題が出ています。根気よく過去問を解くことがセンターを制することのカギとなると思います。

Q7 試験の感想
 やはり試験本番となるといくら練習をしても焦ってしまうもので、私は1つの問題にひっかかるとひたすら悩んでしまっていたので、時間をどんどん浪費していました。結果的に時間が足りなくなって最後まで焦りながら問題を解くという結果になってしまいました。わからない問題があったらそれが解けそうな気がしてもとりあえず見送ることが大切だと思います。一度わからなかった問題でももう一度見てみるとすんなり解けるといったことはよくあることです。

Q8 受験生へのメッセージ
 受験期間中は誘惑に負けないことが大切だと思います。家に誘惑が多ければ外で勉強すればいいです。外に誘惑が多いなら自分の部屋にこもればいいと思います。とにかく自分の勉強できる環境を作ることが大切だと思います。受験期間中はストレスや欲求が溜まるのは当たり前です。しかし、頑張れば頑張った分だけ素晴らしい世界が待っていると考えればいくらでも頑張れると思いませんか?後悔しないために頑張ってください!
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。