トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月02日

推薦入試 法学部 法学科

<推薦入試 法学部 法学科>
Rさん19歳 男性
山形県

Q1.試験の内容と形式☆
 法学部の試験の形式は事前提出2000字の小論文と面接でした。小論文のテーマは2つあって、1つは「たらい回し」などの現在の医療問題を解決するための考えを述べさせるもの、もう1つは全国学力テストにおいて学校名などを公表するのに賛成か反対かを述べさせるものでした。面接では、主に事前提出の小論文について深く質問されました。その他は、高校時代の部活動や行事等についてなどシンプルな質問でした。

Q2.推薦入試の対策法☆
 面接では主に小論文のことが聞かれると分かっていたので、自分の小論文を何度も読み返し、また複数の友達にも読んでもらうことで、いろいろな視点からどのような質問がされそうかをあらかじめ予測しておき、本番に挑みました。小論文については思いがけないことを聞かれるのがほとんどだと思うので、最低限自分の書いた内容はどうしてそう書いたのかという根拠も含めて、しっかり頭に入れておく必要があります。

Q3.推薦入試で戸惑ったこと☆
 高校の先輩方の実体験を参考にさせてもらい、試験に挑んだので、これといって戸惑ったことはありませんでした。

Q4.推薦入試を受験した理由☆
 推薦入試では、一般入試では見てもらうことのできないその人の人間性などさまざまなところを見てもらうことができるからです。また、一般入試の場合は前期と後期も含めてチャンスが2度しかありません。与えられるのならチャンスは多いにこしたことはありません。だから私は推薦入試を受験しました。

Q5.推薦入試のメリット・デメリット☆
 推薦入試を受験した理由とも重なりますが、メリットは何と言ってもやはり、チャンスが増えるということでしょう。また、合格を勝ち取ることができれば、他の人より早く大学で専門分野を学ぶための準備ができます。デメリットとして挙げられるのは、落ちた時の切り替えができないと、センター試験・2次試験へと悪影響を及ぼしかねないということです

Q6.一般入試の勉強法との両立法☆
 まず初めに推薦を考えているのなら準備は早い段階から徐々にやっておくべきでしょう。自分で早すぎるかもと思うくらいの時期が丁度いいと思います。そうすることで、推薦入試が近付いてもそれほどまとまった時間を、推薦の対策に費やすこともなくなり、一般の方の勉強にも力を注ぐことができます。一般の勉強の時間を必ず毎日つくることが大事です。大変ですが推薦入試を受けようという以上、それくらいのことは覚悟しなければなりません。

Q7.推薦入試の受験を考えている人へ☆
 楽したいからという理由で推薦入試を受けるのは望ましくはありませんが、推薦入試を受けることは、皆さんにとって非常にいい経験になると思います。また推薦入試を受ける人は一般の勉強との両立が非常に大変だと思います。受験期を経験した立場からアドバイスすると、いくら両立をはかるためといっても、睡眠時間を削るのは良くありません。息抜きをするなとは言いませんが、空いている時間を有効に使って効率良く両立をはかってください。皆さんの健闘を祈ります。

関連記事

メイン

コメント

●推薦入試
合格発表はインターネットに出ますか
●Re: Re: 推薦入試
> あいぼんさん!質問ありがとうございます(^0^)♪
>
> > 合格発表はインターネットに出ますか
>
> という質問ですが、このサイトにアップしていく予定です!!
>
> ですが、ここでは確認程度にして、直接見に来るか、通知でしっかりご確認下さい。
>
> 幸運をお祈りします☆

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。