トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月18日

推薦入試 理学部 生物学科

<推薦 理学部 生物学科>

Yさん 18歳 女性 群馬県 現役

Q1.試験の形式と内容☆
 小論文:
・サクラが狂い咲きする原因と、沖縄でのサクラの開花時期が高度が高い程早い理由。
・チマーゼがタンパク質であることを確かめるには、例えばどのような実験をすればよいのか。
・発行と腐敗の違い。
・バイオマスエタノールの優れた点と問題点、および改善すべき点。

Q2.推薦入試の対策法☆
 過去問をたくさん解き、学校の先生に添削してもらった。その後、先生が考えてくれた予想問題を解いた。

Q3.推薦入試で戸惑ったこと☆
 練習ではあまり時間を意識していなかったが、本番では時間との勝負。
分からなくても推測して解答用紙を埋めるべき。

Q4.推薦入試を受験した理由☆
 高校での評定がよかったため、チャンスを増やすつもりで受けた。

Q5.推薦入試のメリット・デメリット☆
メリットは合格した場合に一般入試よりも早く進路が決まること。また、推薦入試の勉強をすることで、専門的な知識が身につき、生物の模試の点数が上がったこと。
デメリットは推薦入試を受けてから発表までの一般入試に向けて勉強を継続しなければならないのに、なかなか結果が気になって、集中できなくなってしまうこと。

Q6.一般入試の勉強との両立法☆
推薦入試は小論文だったので、夏休みに専門的な知識をできるだけつけて、それ以降は1週間に解く小論文は2、3枚と決めて、一般入試中心の勉強をしていた。

Q7.推薦入試の受験を考えている人へ☆
 私は推薦入試を受けて、本当に良かったと思います。合格すればもちろんそれ以上のことはありませんが、もし落ちてしまっても推薦入試の勉強がその後の試験でも役に立ったなど、推薦入試を受けて良かったと思えるようにしてほしいです。
関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。