トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年06月08日

一般後期 人文学部 人文学科

<一般後期 人文学部 人文学科>
Aさん 18歳 女性 新潟県 現役

Q1 試験の内容と対策
■試験内容
・センター試験
国語…例年通り評論・小説・古典・漢文の大問4つ。
英語…基本文法・イディオム・文章把握・読解・リスニング。
数学 IA・ⅡB…すみません。覚えてないです。
世界史…これもすみません。覚えてないです。
生物…筋肉、植物、浸透圧など。
政治・経済…憲法中心。世界の政治について。
・2次試験
英語:英語で書かれた文章を読み、その内容についての設問が5つ。 
最終問は論述記述だった。

■2次試験対策
センター試験から大分時間が経っていたので、とにかく空いた時間はずっと英語の単語帳(センター試験時に使用したもの)を見直していた。赤本はあまり1・2回程度行った程度だった。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
 受験勉強は本当に長丁場ですが、秋を過ぎると、一気に時間が流れていきます。ですから、後々後悔しないように隙間時間も利用して復習や単語を覚えることに活用してください。あと、徹夜はしないことをお勧めします。短期的には効果的ですが、生活リズムが崩れたり、寝不足で逆に勉強に身が入らなくなってしまいます。自分の生活リズムを作って勉強してください。

Q3 おすすめの参考書・問題集
 特にありません。今使っているもので十分です。何度も解いて類問が出たときにすらすら解けるようにしておいてください。ただ、単語帳は今まで使っていたものでは覚えが悪いと思ったら思い切って変えるのもありです。何度も繰り返し行って完璧になるようにしておいてください。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
 自分は塾には通っていなかったので特には言えないのですが、模擬試験(以下模試)は進研・河合塾・駿台は一応学校でやりました。模試は2次の予行になって良かったですが、本番を意識して受けないと、模試を受けている意味がないので注意してください。ただ、模試には難易度があるので自分のレベルと同様、または1つ上のレベルのもので十分だとおもいます。あとは志望校のレベルでなど。

Q5 苦手科目とその克服法
 自分は英語・古文・漢文が苦手だったので、通学時間や学校の休み時間にいつも単語  帳や文法帳をみていました。模試の過去問の古文・漢文を見直して古文・漢文特有の言い回しや句法に慣れ、英作文は先生に添削してもらって、書き直してまた提出して添削をしてもらって…を繰り返していました。

Q6 センター試験対策
 Q3・Q5にもあるように特別なことはしませんでした。前から使っている参考書を何度も解きなおしたり、隙間時間を利用して単語を覚えたりしていました。あと、センター試験の演習で分からなかったところや間違えた問題はその日のうちに復習したり、解きなおしたりしていました。それでも分からなかったところは、先生に質問をして、理解を深めていました。

Q7 試験の感想
センター試験はとにかく休み時間が長いです。手持ち無沙汰にならないように糖分に  なるお菓子や今まで使っていた参考書を持って行ったほうがいいと思います。あと、他校生が終わった試験について話すのを聞くと思いますが、気持ちを切り替えて、次の科目に集中したほうがいいと思います。
 
Q8 受験生へのメッセージ
受験は自分の力をどれだけ発揮できるかにかかっていると思います。志望校合格のため、辛くてやめたくなるとは思いますが、時には休憩しながら、でもやるときはしっかりやって勉強していってください。 

関連記事

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。