トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年07月27日

推薦入試<医学部 保健学科 看護学専攻>

推薦入試
医学部 保健学科 看護学専攻


1年生 K・Kさん

■試験の形式
面接(口頭試問)・小論文

■面接(口頭試問含む)   
 試験時間15分
 面接官3人
 個人面接 
  
■質問内容
・高校時代で一番印象に残っていることは?
・なぜ看護職に就きたいのか?
・訪問看護とはどういうものですか?
・地元はどんなところか?

10月から毎日面接の練習をしました。
とにかく笑顔で受け答えをしたので、面接の雰囲気がとても和やかでした 

■口頭試問 
生物 ①(肺胞の絵を見せられて)これは何ですか?
   ②どんな機能をしていますか?
   ③なぜどのような袋がいっぱいあるのか?
数学 紙とペンがあって、計算に使っていいとのこと
   簡単な計算問題

難しいことはなく、緊張せずにやれているかを見られているようでした

■小論文(90分)
英文で課題文があり、
①あなたが考える予防医療について問題点と解決策を答えなさい。
②下線部を英語に訳しなさい。

■試験の対策
夏休みから、新潟大学の過去問を解き始めました。
新潟大学は時事ネタが多いので、英文のニュース(最近のもの)を使って、新潟大学の出題形式に似た問題を、高校の先生に作ってもらいました。その際先生に、和訳や文章の添削をしてもらいました
ただ問題を解くのではなく、お題について自分で調べたり、看護教諭の先生に話を聞いたりしました
ある程度解けるようになったら、文章を自分のものにする為に、身の回りのことを例に出したり、自分の住む地域のデータを出したりしました。こうすることによって、一般論よりも説得力が増します

■心構え
推薦試験は一般試験との両立が大変で苦しむことがあるかもしれませんが、
一般試験だけの受験生よりも、一回チャンスが増えたと思って、ポジティブに頑張ってください
「今までこれだけ頑張ったんだ」と、自信を持って言えるくらいしっかり準備をすれば絶対大丈夫です

関連記事

メイン

コメント

●承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。