トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年09月26日

新潟大学合格体験記2008 教育学部・養護教諭特別別科(1年) M・Kさん(女の子)

P1010763b.jpg
新潟大学オープンキャンパス2008の様子

基本情報
教育学部・養護教諭特別別科 1年課程
M・Kさん  21歳 (女の子)
新潟県出身  出身高校 三条高校
看護学校を卒業後、新潟大学に入学

Q.1 
受験勉強全体を通して、特に伝えたい勉強方法・受験勉強のスケジュール・生活習慣についてのアドバイスなどについて教えてください。

A1 
受験勉強では自分のスケジュールをしっかりと組み立てることが重要です。いやいややるのではなく、「絶対入学したい」とか「今日はここまでやる」という明確な目標を自分の中で持てると、勉強も効果的に進みます。生活習慣は、朝方にシフトするのがお勧めです。夜中にだらだら起きてやると、進んでもいないのに勉強を頑張った気分に陥ってしまいます。また、学校や図書館に来て勉強するのがお勧めです。気持ちが引き締まるし、他の受験生を見ると、自分もやらなくては、と気合いが入ります。


Q.2 
受験生にオススメしたい参考書・問題集を教えてください。またそれらの内容を簡単に教えてください(難易度・利用法など)。

A2 
養護教諭特別別科の入学を考えている方は、学務に置いてある過去問をやるのをお勧めします。繰り返しやることで、過去に出題された幅広い知識が身につきますし、本番のイメージを想定するのにも役立ちます。小論文などは実際に書けるところまで本気で書いてみましょう。小論文は書いて自己満足せずに、指導できるような友達や先生に見てもらい、アドバイスを受けるのが一番です。自分に足りない視点や論述の仕方が身につきます。

Q.3 
通っていた塾・予備校、利用した通信教育・模擬試験などの名前とそれらを利用した時期(高校何年~、浪人のとき~など)、またそれらのメリット・デメリットを教えてください。
A3 
 使用していませんでした。

Q.4 あなたの苦手科目と、それを克服する勉強法を教えてください。
A4  別科受験に関しての苦手科目は特にありませんでした。

Q.5 センター試験を受験された方は、おすすめのセンター対策(勉強法)について教えてください。
A5  センター試験は受験していません。

Q.6 試験の形式は(推薦・前期・後期)のうちどれですか?またそれぞれの受験形式(必要な科目・センター利用か・面接・小論文・実技試験はあるか)、新潟大学の二次試験に向けての勉強法を教えてください。
A6 
試験は「養護教諭特別別科入学試験」というものでした。科目試験は衛生・公衆衛生学で、他に小論文がありました。面接はありませんでした。お勧めの勉強方法は上記の通りです。

Q.7 
新潟大学やあなたの学部・学科を選んだ理由と時期を教えてください。また将来の夢、大学でやりたいことは何ですか?

A7 
この学部を選んだ時期は看護学校に在籍していた去年の5月ころです。選んだ理由は1年間という短期間で「養護教諭1種免許」というものが取得できる特殊な科であったからです。(学校の保健室の先生の免許です。)
 大学では、学校の教員としての知識に加え、養護教諭としての専門的な知識や技術などを勉強しています。1年という限られた時間の中で、学校保健のスペシャリストとなれるようたくさんの知識を身につけたいです。また、せっかっく大学というところに入学できたので、サークル活動なども参加して、勉強だけではない、幅広い人間関係や社会性などを身につけて、人間的にも成長できたらなあ、と考えています。
 将来の夢は養護教諭になることです。子供たちの目線に立った、親しみのある保健室を作り、健康教育を行いたいです。

Q.8 最後に、受験生へのメッセージをお願いいたします。
A8 
受験勉強は大変だと思いますが、乗り越えて成果を出した時の喜びはひとしおです。一人で頑張りすぎず、友達を大切にして、悩みを打ち明けたり、教えあったり、一緒に励ましあって頑張ってください。家族も友達も高校の先生も、きっとみんなが頑張るあなたを応援しています。
大学はとても素晴らしいところです。講義の内容も、先生方も、集まってくる仲間たちも、魅力的な人ばかりで、毎日が私にとって新鮮です。頑張って受験を乗り越えてください。応援しています!


キラキラぜひこちらもチェックしてみてくださいキラキラ
           ポチ↓
       新潟大学・入口

関連記事

スレッドテーマ:大学生日記:日記

メイン

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。