トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月25日

新潟大学 推薦入学試験、面接試験の必勝法!~志望動機の重要性~

以前、「なんで、この大学のこの学部に入りたいのか」が一番大切と言いましたが、そうはいってもやはり話をするときは順序立てて説明するほうが、面接官の印象にも残りやすいはずですkao01
そこで、今回は具体的な「志望動機の話し方」について、ご紹介したいと思いますBrilliant
----------------------------------------------------------------

■志望動機=この大学・学部で何をしたいか
「○○をやりたい。だからこの学部(大学)を志望する」というのが自然な流れです。だから、その学部・大学で何が学べるかをしっかりと調べなければいけません。

大学の特色を知ることも重要(大学選びをしたぜアピールをするため)志望動機は学部への志望動機が中心になります。「○○がやりたい」というのは学部で判断するものですからね。
しかし、お決まりのように
「なぜ、この大学を選んだの?」
という質問をされます(私としては質問される前に、志望動機に組み込むことをお勧めします)。

そこで、「ちゃんと大学選びもやったんです」というアピールをする必要があります。
そのためには
同じ、もしくは同じような学部を持つ大学のパンフレットをいくつか見ておくのが良いでしょう。
比較することで、その大学の武器が見えてきますからね。

比較内容としては、大学の理念、学部の方向性や方針、授業カリキュラム、教授などがお勧めです。
パンフレットには大学への志望動機・学部への志望動機の核となる情報は含まれているのです。

参考サイト↓
大学進学ネット

関連記事

スレッドテーマ:受験生日記:日記

メイン

コメント

●いよいよ明日
推薦入試の合格発表日です。
10時に掲示されるそうなのですが、
写真をアップしてもらえたら幸いです。
そして、見事受かっていたら、なお幸いです。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。