トップページ 合格体験記 H23 新潟大学アパート紹介所

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月01日

推薦入試 理学部 物理学科

<推薦入試 理学部 物理学科> 
Oさん 19歳 男性
新潟県出身 

Q1.試験の内容と形式☆
 新潟大学の物理学科推薦入試の方式が、私が受験した年から変わりました。かつては小論文(物理公式を導いていくという問題傾向が多かった)でしたが、一変して標準的な問題形式に変わりました。内容に関しては一般的だはあるが、参考書やセミナーで固まった思考だとちょっとてこずるかも。大学の先生方も曲げてくるので注意。面接の内容に関しては�志望理由�高校での物理への取り組み方�どの分野に興味を持っているか、などがメインでしたね。他の質問は日常的なものが多かった(今日はどうやってここまで来たか、家族構成についてなどなど…)

Q2.推薦入試の対策法☆
 問題形式で出されると聞いた私はセミナーと重要参考書の出題される範囲を一周しておきました。公式が分かっているけど、少しひねった問題には手が出ませんでした。そこが私の弱点だと分かり、ひねった問題に挑む時の集中は欠かしませんでした。次に面接の対策については、受験される方であれば高校の先生方と面接練習を行うと思います。そこでどれだけ緊張したかが大切だと思います。分からないことがあったら積極的に先生に質問だ!

Q3.推薦入試で戸惑ったこと☆
 戸惑ったことは殆どありませんでした。あげるとすれば試験会場の雰囲気でしょうか。教室の中に知っている人が誰もおらず、そこにいる人達全員が黙々とセミナーや参考書を開いている光景は圧巻でした。でも緊張してるのは皆もですから、雰囲気に飲み込まれないように頑張ってください!

Q4.推薦入試を受験した理由☆
 当時の私は一般で新潟大学物理学科を狙っていました。模試でも良い成績だったのでこの調子で頑張ろうと思っていましたが、先生から推薦を受けてみないかとお誘いがありました。3年間の成績評定が基準を満たしているそうでした。チャンスが増えるのならば何事もチャレンジだと思い推薦入試を受験しました。

Q5.推薦入試のメリット・デメリット☆
 メリットとしては、他の学生よりも早い時期に入学の準備やアパートの申し込みができるといったところ。あとは課題としてだされた物理に関する本を読めたりできたこと。高校側で2・3月にボランティアとして介護施設を訪問できたこと、などですかね。デメリットとしては、どうしても一般受験者よりも学力で差をつけられてしまうこと。不合格だった場合の学力面での挽回を余儀なくされることと、何より精神的なケアが必要になってくるということ。センター目前でモチベーションを落とすのはまずいから、ストレス発散できることを思いっきりやって切り替えをしよう!

Q6.一般入試の勉強法との両立法☆
 問題形式だったので、推薦入試の勉強がそのままセンターや大学別試験につながると思ったので、一生懸命推薦入試対策に時間を費やしました。その代わりに登下校中の電車やバスといった交通手段の中で参考書やノートを見て公式の暗記や単語を覚えたりしていました。友達と問題を出し合ったりするのも手だと思いますよ。

Q7.推薦入試の受験を考えている人へ☆
 受験生の皆、勉強お疲れ様です。三年間の締めくくりとして、模試も考査も高校生活もラストスパートになってきた頃でしょうか。いざ大学生になってみると高校生活の充実さを時折うらやましく思ってしまうこともあります。大学の先輩方に話を聞くと、高校時代の頑張りが今を支えている、あの頃の自分が一番輝いていた、といったコメントをされました。推薦入試を受けるにあたって、自分のアピールポイントをどれだけ伝えられるかを徹底して追求するべきだと思います。学力も大切ですが、推薦入試でみられるのはやはり人柄や性格だと思います。推薦だから失敗しても大丈夫、といった甘い考えをせずに必死に対策に取り組むべきだと思います。自分を信じて最後まで頑張ってください。

2010年10月31日

医学部 根拠のない自信を捨てて謙虚に

<一般前期 医学部 医学科>
Sさん 21歳 男
愛知県 浪人

Q1 試験の内容と対策
前期試験で合格しました。センター試験は国語、数学IA、数学?B、英語、リスニング、化学、生物、政治経済で受験しました。二次試験は数学、英語、理科(僕は化学生物)、面接です。新潟大学の二次試験は他大学に比べて基礎的な問題がほとんどなので、基礎を大切にして勉強することを心がけました。一番気がかりだったのは面接ですが、新潟大学は会話が出来れば大丈夫だといわれています。よほど変なことを言わない限り面接は大丈夫でしょう。ですがたまに医師を目指すものとしてふさわしくないことを言う人がいるらしく、合格点を取っているにもかかわらず落ちてしまう人がいるらしいのでそこは気をつけてください。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
上にも書きましたが、とにかく基礎をしっかり勉強することが大事です。この場合基礎とは教科書の内容を指します。医学部はセンター試験で高得点を取らなければなりませんが、センター試験は教科書がしっかり理解できていれば高得点が取れるように出来ています。生活面では、規則正しい生活を送ることが大事です。具体的には、毎日同じ時間に起床就寝する、毎日予備校に行くなどです。僕は浪人中は早寝早起きを心がけていました。

Q3 おすすめの参考書・問題集
僕はほとんど予備校のテキストで勉強していたので問題集はほとんどやっていませんが、「化学??の新研究」(三省堂)は解説が非常に詳しいのでオススメです。全部精読するのは時間の無駄ですので、辞書的に使うのがよいと思います。現役生なら「チャート式」を学校で扱うかもしれませんが、定石が網羅されているのでしっかりやるといいと思います。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
浪人の時は駿台の医系コースに通っていました。高校の時授業をろくに聞いていなかった僕は、駿台のカリキュラムに沿ってしっかり授業を聞くことで成績が伸びていきました。しかし友達の中にはある程度高校生の時に理解していてあとは実戦演習のみでよいという人もいました。そのような人にとっては予備校の授業だけをしっかり受けていても時間の無駄なのでしょう。自分の実力をしっかり把握して、予備校を効果的に利用しよう、という意識を持つことが大事なのだと思います。

Q5 苦手科目とその克服法
僕は現役のときは数学が大苦手で、赤点スレスレの点しか取れない程でした。予備校に入ってからは、まずは教科書で公式を理解し、導出が出来るまで考えました。その後は予備校のテキストなどで問題演習をして、理解が足りないと思えばもう一度教科書を読み、同じ問題を繰り返し解きました。数学は覚えることと理解することの両方が大事です。覚える事とは問題を時間内に解くための定石などで、問題を丸暗記しても意味がないです。定石を理解し、覚える事を積み重ねていくうちに、苦手は克服できました。

Q6 センター試験対策
センター試験は教科書がしっかり理解できていれば高得点が取れるように出来ていると言いましたが、教科書を理解しただけでは実際に点は取れません。センター試験は時間が短く、マーク形式なため、基礎をしっかり勉強した上で、センター試験に合わせた勉強が必要です。特に数学は得意な人でも大きく点を落とすことがあるので注意してください。オススメの参考書は「センター必勝マニュアル」(東京出版)です。この本を読んで、問題演習を積み重ねた結果、高得点をとることができました。数学に限らず、センター試験は過去問の問題演習が必要だと思います。

Q7 試験の感想
僕は現役の頃「自分は勉強すれば絶対受かる」と思い込んでいて、周りのアドバイスに耳を傾けませんでした。このタイプの人間は基本的に授業も聞かずに自習をしてしまいます。浪人して、親やチューターの意見を謙虚に受け止め、授業をしっかり聞くことで成績は少しずつ上がっていきましたが、もっと早く気付いていればよかったと後悔しています。根拠のない自信を捨てて謙虚になることが、合格への近道だと思います。

Q8 受験生へのメッセージ
ミスを少なくしよう、分かる問題を確実に得点しよう、という姿勢は医師になった時にも必要とされます。受験生活は確かに辛いですが、よい医師になるためのステップだと思い、頑張りぬいてください。
2010年10月31日

工学部 最後まで諦めない事が大切

<一般後期 工学部 建設学科>
Tさん 18歳 男
岩手県 現役合格

Q1 試験の内容と対策
前期で合格。センター試験では国語、英語、数学、物理、化学、現代社会を受験。
また、二次試験では数学、英語、物理を受験。自分が行った二次試験対策としては、まず授業での問題演習の予習復習を中心として、さらに自分でも別に受験用問題集を解いた。英語は、授業での問題演習の予習復習を行った。英語はこれだけしかやってないがだいぶ力がついたと思う。物理は数学同様授業を中心としつつ、自分でも問題演習を行った。
いろいろな問題集を解くより一つの問題集を何周も繰り返し解いたほうが力がつくと思う。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
とりあえず受験勉強で重要な事は、一通り知識を吸収したら、いろいろな問題集を解こうとするのではなく、一つの問題集を決めてそれを何周も解くことだと思う。そうすることによって、模試などで問題を解くとき何周もした問題集から類似問題を探してその解法に帰着させ問題を解くことができる。
また、受験期の生活習慣としては、基本的に寝るか勉強するかのような感じだった。朝学校に行く前や寝る前、学校の休み時間などの少しの時間も活用して英単語を覚えるようにしていた。

Q3 おすすめの参考書・問題集
数学ではクリアという問題集をお勧めします。この問題集は大学の過去問しか載っていなく難易度はとても高いですが、その分大学入試で出されるほぼすべての問題出題パターンの問題が抜粋されて載っているので、とても力が付きます。
物理ではエッセンスと重要問題集をお勧めします。エッセンスは物理の基礎から載っているので基本から物理を学ぶことができるのでとても力が付きます。
重要問題集は大学の過去問しかのっていないので数学のクリア同様とても力をつけることができます。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
塾や予備校、通信教育などはやっていませんでした。模擬試験は進研模試や河合塾、駿台、代ゼミなどを受けました。模試を受けた中では特に駿台の模試が難易度が高いのですが、3年前半ではレベルが高すぎて受けても意味がない感じなので、駿台の模試は後半に多く受けることをお勧めします。
また、東北大や東大、京大などの旧帝大レベルの大学を第一希望にしている人はそれぞれの大学専用のオープン模試というものがあるのでそれを活用することを勧めます。

Q5 苦手科目とその克服法
苦手科目は国語と英語でした。国語に関してははっきり言って克服できていません。アドバイス出来なくてすいません。英語はとりあえず単語を覚えることだと思います。いくら文法が出来ても単語が分からなければ意味がないのでとりあえず単語は基本中の基本です。
それと、主語、動詞、形容詞や副詞などの用法も覚えたほうがいいです。これらを覚えた途端に英語がすごく簡単に読めるようになります。実際僕もそうでした。

Q6 センター試験対策
お勧めのセンター対策というかセンター前はとりあえずひたすらセンター演習問題集を解いていました。センター対策はとりあえず問題出題形式と時間内でミスなく解き切るということになれることが重要だと思います。
あと地歴教科では断然地理が有利だと思います。もし世界史や日本史を既に選択してしまったという人は現代社会や倫理を一緒に受験することをお勧めします。現代社会や倫理は独学でも1カ月ほどで十分習得することが可能なので得点源になります。

Q7 試験の感想
実際に試験を受けて感じたことは試験をなめ過ぎてはいけないということです。特に今年のセンター試験はいきなり傾向が大きく変わりかなり難化しました。平均点もかなり低くなり、みんな志望校のレベルを下げなければいけないという感じでした。センターが終わってからもっと勉強しておけばよかったと感じました。
二次試験も同じように数学が過去問よりも難化していました。新潟大学の数学は簡単だろうと油断していたのでだいぶぼろぼろな出来だったことを覚えています。

Q8 受験生へのメッセージ
最後まであきらめないことが大切だと思います。最後まで全力で頑張ってください。
2010年10月31日

教育学部 受験勉強はスタミナが大事

<一般後期 教育学部 健康スポーツ科学課程>
Sさん 19歳 男
宮城県 浪人

Q1 試験の内容と対策
合格したのは後期。センターは5教科、2次試験は面接だった。面接では以下の事を聞かれた。
(最初に受験番号、志望学部・課程、名前を聞かれる)
・高校時代に所属していた部活
・部活の中で印象に残っていることや頑張ったこと、そして何故印象に残っているのか、
 どのように頑張ったのか
・部活から何を得たか
・何故新潟大学の健康スポーツ科学課程を選んだのか
・大学で部活をやるか
・大学では何をどのように頑張っていきたいか
・自分の長所と短所
・4年間大学に通い続ける自信があるか

こちらが発言ことに関してドンドン突っ込んでくる。専門的な知識は1つも聞かれなかった。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
まずは自分に合った生活リズムを確立すること。できれば夜型ではなくて朝型の方が良いと思う。実際の試験時間に頭が働くようにすると良い。勉強方法に関しては、まず予習・復習を徹底すること。予習でわからなかったところは授業で必ず理解する。特に数学は授業が終わった後に、予習でわからなかった問題や間違えた問題は自分で再現回答できるようにする。英語は継続して単語はやり続けた方がいいと思う。書いて覚えるよりは、1日50~100個を5~6回勉強の合間などで見て覚えるという方法がおススメ。

Q3 おすすめの参考書・問題集
ほとんど問題集や参考書は買わなかった。センター試験対策にセンターの過去問を購入したぐらいだったと思う。センター試験の過去問は早いうちから時間をみつけて解いておくといいと思う。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
現役時代は全統マークや全統記述、代ゼミ模試などを受けただけ。浪人時代は河合塾に通っていた。河合塾のテキストはかなり良かった。他に問題集や参考書を買わなくても十分間に合うくらいの充実度だった。また受験生ひとりひとりに対するサポートも充実していたと思う。チューターのアドバイスが良かった。講師もかなりレベルの高い人たちがたくさんいた。このような点がメリットだと思う。デメリットとしては、予習復習に追われているとなかなか自分で使える時間が確保できなくなることがある、という点だと思う。だが慣れれば案外時間は作れるようになるので大丈夫だと思う。

Q5 苦手科目とその克服法
苦手科目は現代文と数学だった。現代文はとにかく問題で出た文章を読み込むこと、また予習の段階で1回よんで回答するのではなくて何度も読んだ上で回答することなどを徹底してやっていた。また本をたくさん読んでいた。
数学は予習復習を徹底してやった。A.2と同じで出来なかった問題は自分で再現回答できるようにした。あとは単純な計算問題を短時間で行うという練習もやった。難しい問題でもすぐに回答を見るのではなく何日かは粘って自分で解く力をつけられるようにしていた。

Q6 センター試験対策
特におススメという勉強法はないが、二次試験とセンター試験の勉強は別だと考えるのではなく、同じ勉強だと考えてやった方がいいと思う。ただやはりセンター型の問題にはなれておいた方がいいと思うので、時間を見つけてどんどん過去問を解いておいた方がいいと思う。直前になってからだとなかなか時間が取れないことが多いので、早いうちから取り組んでいて損はないと思う。解きっぱなしではなくて、復習をしっかりやって、出来なかった問題を克服出来るようにした。

Q7 試験の感想
実際に試験を受けてみて、まず感じたことはやはり本番は違うということだった。特にセンター試験は現役時・浪人時の2回受験したが、やはり本番は緊張した。わからないところが出てくると焦りがでてしまった。反省としては、もっとセンターの過去問をやり込んでいれば良かったと思う。数学は自分ではやっているつもりだったが、実際は足りなかったのかなと思う。あとは英語の発音をもっとやっておけばよかったと思う。傾向が変わって発音問題が多かったので苦戦した。やればできる問題なのでやっておくべきだと思う。

Q8 受験生へのメッセージ
受験勉強はスタミナが大事だと思う。最後まで頑張り続けた人はきっといい状態で試験に臨めると思う。自信と実力をつけるためにはひたすら勉強をするしかないので、受験生生活を送るなかで途中つらい時期などがあると思うが、勉強をしなければ何も力はつかないのでそこはストイックに頑張ることが大事だと思う。
2010年10月31日

農学部 受身の勉強にならないように

<一般後期 農学部 生産環境科学科>
Sさん 18歳 男
山形県 現役合格

Q1 試験の内容と対策
<合格した時期>
後期
<試験の内容>
センター試験・・・国語・数学�A/�B・英語・地理B・化学・生物
二次試験・・・面接

 前期の志望校の二次対策を重点的に行っていたため、新潟大学の後期試験の二次試験対策をしたのは、前期の不合格通知が届いてからです。主に行った試験対策は面接で聞かれそうな質問を予想して、自問自答をすることです。また、高校の先生に面接官になって頂き、模擬面接を行いました。さらに、立ち居振る舞いや、細かいところも気を付けようよ思い、イメージトレーニングを行って、何度も理想の面接での立ち居振る舞いなどをイメージしました。

Q2 おすすめの勉強法・生活習慣
 暗記をする時、英単語だったら1日100個、古文単語も1日100個という具合に一気に大量の数をこなしました。単語帳の単語や例文をお経のように唱えたりして、とにかく素早く、大量に、を心がけました。一回で覚えようとはせずに何度も何度もお経のように繰り返しました。すると、短時間で、結構な数を覚えられます。私はこれを毎日、復習も兼ねながら行うと、効率よく、大量の単語を暗記することができました。
 受験中の生活習慣についてですが、人それぞれなので、自分に合ったリズムを確立すれば良いと思います。重要なのはリズムを確立することです。例えば、毎日、夜の12時に寝て、6時に起きる、といった具合に。また、無理をしないことも重要です。無理はストレスをため込み、記憶力を著しく低下させると思います。

Q3 おすすめの参考書・問題集
☆・・・簡単  ☆☆・・・普通  ☆☆☆・・・難しい
<チャート式数学 難易度☆~☆☆☆>
受験で定番の問題を、例題で練習できます。反復練習することで、似たような問題を楽に解けるようになります。3種類程度の本が難易度別に出版されているので、自分に合った本を使うと良いでしょう。

<Duo 難易度☆☆>
英単語帳です。私はこれを使っていました。解説や類語が詳しく載っています。中級~上級向けの単語レベルなので、基本的な単語を覚えた人向けの単語帳です。

<化学�・�の新研究 難易度☆☆>
二次で化学�を受験する人向けの参考書です。高校の化学で習う内容が事細かに解説されており、高校化学の本質を理解するのに役立ちます。但し、問題集ではないので、問題練習には向きません。

Q4 通っていた予備校・受けた模擬試験
塾・予備校・通信教育は行いませんでした。模擬試験は、高校1年生~3年生にかけて、進研ゼミのテストを行いました。高校3年生からは、主に大手予備校の模擬テストを受けました。塾や予備校に通うメリットは他の受験生から、刺激を受けることができたり、大手予備校に限りますがプロの講師から直接、授業を受けられるということです。デメリットは、それらのものに頼り、依存心が生まれることで、自分の頭で考えて勉強スケジュールを立てたりすることが疎かになることです。受身の勉強にならないように注意することが必要です。

Q5 苦手科目とその克服法
私の苦手科目はセンター国語でした。苦手科目の克服法ですが、苦手科目の点数が中々伸びないという事であれば、点数が取れない原因を自分なりに分析して、その原因を取り除くことが重要だと思います。決して、苦手科目に対して嫌悪感を抱かずに、真正面から取り組んでみると良いです。けれど、苦手なものは苦手なんですから、諦めも肝心です。最小限の失点でテストを乗り切るように心掛けることも必要であると思います。

Q6 センター試験対策
センター試験の形式に慣れるために何度も模擬テストをすることがオススメです。慣れたらテスト形式の勉強を少なめにして、点数が取れない分野を中心に復習すると良いです。教科書を見直して、理解に努めることが重要です。この作業をするだけで点数は伸びます。点数が安定しない教科があれば、それを徹底的に勉強することも良いかもしれません。とにかく、安定した点数を取れるようになることが重要です。

Q7 試験の感想
私は前期試験のハードルが高かっただけに、後期は安全に合格できる新潟大学を受験しました。前期が不合格でも後期で合格できる、という余裕がありました。正直、前期試験は合格できたらラッキーという具合に考えていました。だから前期は不合格だったのだと思います。自信を持って、合格するという明確な意図を持って、受験に臨まなければ、合格できないということを痛感しました。

Q8 受験生へのメッセージ
 受験中に何よりの助けとなるのは友人の笑顔です。あなたの笑顔が周りの人を明るくさせます。いつも明るく笑顔で、周囲を照らす灯台となってください。

メイン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。